留袖もレンタル可能|和服をお得に楽しもう

後ろ姿

和のコーディネートに最適

黒い半纏

ルックスまでが意識できる

和服はレトロファッションを好む若い年代からもウケが良く、和のイメージが根強い着物などをデイリーにコーディネートする男女は増えています。和服の中でも、紺や紅色などのモダンな色のイメージで認知されている綿入り半纏は、主に年配の方々にはファッション性でも支持されているものの、若い年代にとってはモダン過ぎる色の受け入れ方に難色が示されているのも実情として挙げられています。ファッションにおいてもトレンドを意識することも重要で、和服に合わせるコーディネートだけではなく、カジュアルにも羽織ることを意識した和風のデザインでの提供も話題を集めている内容です。ルックスを気にかける若い年代にウケの良い、和と洋をミックスさせた色柄をはじめ、刺繍やプリントや綿無しバージョンなども仕立てるケースが増えはじめています。

丈の違いで呼び名も変化

冬に着用するイメージが根強いのが半纏ですが、丈や袖のデザインによっても呼び名が異なるのが特徴の1つで、長めの丈で綿入りのものは一般的にドテラと呼ばれています。和服のイメージが定着する半纏は、日本特有のお祭りなどで上着として着用されており、長さも腰丈が定番です。また袖なしはちゃんちゃんことも呼ばれ、短衣として着用されていますが、近年では丈やデザイン性問わずに半纏として市場に出回っているケースは増えています。デザインも和服の上着として着用することから、和柄が施されているのが特徴で、布も和風木綿などが使用されています。防寒服としても定着しており、一般的に綿入りが人気を集めているものの、着膨れして見える厚みに難色を示すケースが増えている背景から、保温性に優れている生地が使われ、スリム設計でも提供されている特徴も挙げられています。